Do Your Job - Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。 Patsファン歴、かれこれ20年ほどの中年ブログです。

RBボールデンと再契約

久しぶりに動きがありました。

UFAであったRBのブランドン・ボールデンと再契約しました。

契約内容は不明ですが、1年契約でしょうか。いずれにしても、キャンプではロスター枠争いが待っています。

残るUFAは三人。RBブロント、WRフロイド、DL/TEスクラッグスです。

このうち、複数年Patsに在籍したのはブロントだけ。

再契約の見込みがあるのもブロントで、残る2人はこのままPatsを去るでしょうね。

フロイドについては、サイズとパワーがあるので、TEにコンバートなんていうのも面白いかなと思っていたのですが。

ブロントもおそらくはPatsに戻ってくるのでしょうね。あとは、契約内容次第だと思います。

00年代前半はRBコーディ・ディロンがいて、10年代半ばはブロントがいて、それでSBに勝っているのですから、PatsにパワーRBが必要なのは明らかでしょう。

ところで、振り返ってみると、Patsに複数年在籍したUFAのうち、Patsを去ったのはCBライアンのみ。

逆に、昨年のみ在籍したUFAは全てPatsから去っています。

ここら辺はどう評価すればよいのですかねぇ。

バトラー&シャーマン

昨日の投稿でCBバトラーについて動きはないと書いておきながら、ちょっとした動きがありました。

大本営のニュースによれば、セインツのHCショーン・ペイトンはバトラーに対してオファーシートを出さないようです。

ドラフト1巡11位を確保、ということでしょうね。

仮にセインツが1巡11位でCBをとれば、バトラーのトレード話も消滅するかもしれません。

一方、バトラーにはテキサンズも興味をもっているという話でした。CBボイエがジャガーズに移りましたからね。

ただ、テキサンズの場合、QBの問題を抱えています。

こちらも1巡指名権を失ってまでバトラーを確保したいとは思わないのかもしれません。

バトラーについては、来年はFA市場に出る可能性が高いですからね。

現在のPatsのD#スキームでは、重点的にマンカバーするCBは1人です。2017シーズンからは、その役を担うのはCBギルモアになると思われます。

CBロウのコンディションが良ければ、ひょっとするとバトラーの役目はスロットのカバーになるかもしれません。2人のジョーンズの成長次第では、LBジェイミー・コリンズと同様に、余剰人員としてシーズン途中でトレードに出される可能性もあります。

バトラーは、Patsにいたとしても、相当がんばらなければならないでしょうね。

こう考えると、CBギルモアの加入は本当に大きい。おそるべし、Patsの人事スタッフ、ということになるでしょう。

■ ■ ■

ところで、Patsは大物CBの1人として、シーホークスのCBシャーマンに白羽の矢を当てていたというニュースが大本営にてありました。

あくまで、ギルモアを獲得する前の話だったようですが。

それに余程の条件でないと、このトレードは成立しなかったでしょうね。

シーホークスのニーズはOL、RB、WRあたり(だった)でしょうから、はじめから無理筋だったのかもしれません。

それにしても、シャーマンも2017シーズンでは29歳。トレード話が出るようになったのも仕方なし、でしょうか。

そう考えると、CBというポジションは厳しいポジションですね。

DEロングはイーグルスへ&その他

最近は、HCベリチックもPro Dayで忙しいからか、FAの動きが止まっていました。

そんなところで、Patsに戻らないと表明していたDEクリス・ロングがイーグルスと2年契約を結んだようです。

詳しい契約内容はわかりませんが、Patsと契約した1年2.4Mがベースになるようです。

ロングは2008年ドラフトの全体2位でラムズにピックされました。

この年のドラフトでは、Patsは全体10位(from セインツ)でLBジェロッド・メイヨをピックしています。

メイヨはすでに引退していることを考えると、ロングは息長く活躍していますね。

2014シーズン、2015シーズンはゲームの出場数はそれなりでしたが、Patsにいた2016シーズンでは16ゲーム全てで出場しています。

記憶にある限り、インジャリー・レポートに上がった回数もかなり少なかった(ゼロ?)ように思います。

無事是名馬ではないですが、好不調の波も少なく、安定してゲームに起用されていました。DEニンコビッチ同様、爆発力はなくとも、D#スキームにおいてきっちりと仕事をこなすプレイヤーだったと思います。

■ ■ ■

CBバトラーについては動きはないですね。

おそらく、ドラフト1週間前、4/17過ぎあたりから動きがあるでしょうが、最近になってベリチックはバトラーを手放したくないのでは?、とも思いはじめました。

ただ、そうなると、来年のタグ付け候補はQBガロポロの2人になってしまうので、やっぱりトレードに出すとなると今年かなぁ、とも思います。

バトラーの見返りとして、セインツから2017ドラフトの全体11位をゲットして、LBをドラフトする、というのも考えられますが。

■ ■ ■

AFCのヘッドコーチが一同に会しています。ベリチックを除いて。

ベリチックはフロリダ大学のPro Dayに参加しています。

各ヘッドコーチのPatsへのコメントをみるのは面白いですね。基本は、アメリカ特有の讃辞のオンパレードですが。

中でも、ビルズのHCマクダーモットは、Patsの人事ディレクターのニック・カセリオの手腕を褒めています。
CBギルモアの件ですかね。


記事検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ