WRミッチェルが引き続き良い。

3rd downを更新するレシーブやTDレシーブを記録。

手の大きさ、腕の長さといえば、WRランディ・モスを思い出すが、スピードはそこまでありません。

このままケガ無くキャリアが続けば、相当の選手になるのではないでしょうか。

出だしは、練習不足のためか痛めた箇所が癒えていないのか、QBブレイディ・TEグロンクともにパッとせず。

挙げ句に、グロンクは背中を痛めてロッカールームへ。その後、ゲームには戻らず。

ところが、皮肉にも、グロンクがフィールドを去ってからオフェンスが進み出す。

件のミッチェルの活躍も、グロンクが出なくなってから。

調子の良い選手を使っていった方が良いということでしょう。

前半終了間際、KゴスコウスキーがFGを外す。

逆転に失敗して、Pats 10 - Jets 10で後半へ。