最終スコアは、Pats 22 - Jets 17。

予想よりも、Patsは1点少なく、Jetsは1点多かった、という結果です。

Patsのスコアは、4QのTD後に2ポイントを狙ったものですから、予想よりも1点少なかったのは致し方なし、といったところです。

QBブレイディの成績は、30/50の286yds。

要所要所を決めるところは流石ですが、やっぱり調子はイマイチだったと思います。

普段ならポケットの内側からラッシュを交わすのに、特に前半は外に逃げることが多かったように思います。

おそらく、脚(膝)が万全ではないのでしょう。

スローしたボールも浮きがちだったし。

JetsからTD2つを奪われたのは予想外。

QBフィッツパトリックのパスがよく通っていて、CBバトラーが狙われていました。

今回のゲームは、バトラーとDEロングのファンブルフォースでなんとか勝てました。

スーパーボウルまでの道のりは長いですから、次戦はQBブレイディに代えてQBガロポロが出場しても良いような気さえします。