Do Your Job - Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。 Patsファン歴、かれこれ20年ほどの中年ブログです。

2017年03月

バトラー&シャーマン

昨日の投稿でCBバトラーについて動きはないと書いておきながら、ちょっとした動きがありました。

大本営のニュースによれば、セインツのHCショーン・ペイトンはバトラーに対してオファーシートを出さないようです。

ドラフト1巡11位を確保、ということでしょうね。

仮にセインツが1巡11位でCBをとれば、バトラーのトレード話も消滅するかもしれません。

一方、バトラーにはテキサンズも興味をもっているという話でした。CBボイエがジャガーズに移りましたからね。

ただ、テキサンズの場合、QBの問題を抱えています。

こちらも1巡指名権を失ってまでバトラーを確保したいとは思わないのかもしれません。

バトラーについては、来年はFA市場に出る可能性が高いですからね。

現在のPatsのD#スキームでは、重点的にマンカバーするCBは1人です。2017シーズンからは、その役を担うのはCBギルモアになると思われます。

CBロウのコンディションが良ければ、ひょっとするとバトラーの役目はスロットのカバーになるかもしれません。2人のジョーンズの成長次第では、LBジェイミー・コリンズと同様に、余剰人員としてシーズン途中でトレードに出される可能性もあります。

バトラーは、Patsにいたとしても、相当がんばらなければならないでしょうね。

こう考えると、CBギルモアの加入は本当に大きい。おそるべし、Patsの人事スタッフ、ということになるでしょう。

■ ■ ■

ところで、Patsは大物CBの1人として、シーホークスのCBシャーマンに白羽の矢を当てていたというニュースが大本営にてありました。

あくまで、ギルモアを獲得する前の話だったようですが。

それに余程の条件でないと、このトレードは成立しなかったでしょうね。

シーホークスのニーズはOL、RB、WRあたり(だった)でしょうから、はじめから無理筋だったのかもしれません。

それにしても、シャーマンも2017シーズンでは29歳。トレード話が出るようになったのも仕方なし、でしょうか。

そう考えると、CBというポジションは厳しいポジションですね。

DEロングはイーグルスへ&その他

最近は、HCベリチックもPro Dayで忙しいからか、FAの動きが止まっていました。

そんなところで、Patsに戻らないと表明していたDEクリス・ロングがイーグルスと2年契約を結んだようです。

詳しい契約内容はわかりませんが、Patsと契約した1年2.4Mがベースになるようです。

ロングは2008年ドラフトの全体2位でラムズにピックされました。

この年のドラフトでは、Patsは全体10位(from セインツ)でLBジェロッド・メイヨをピックしています。

メイヨはすでに引退していることを考えると、ロングは息長く活躍していますね。

2014シーズン、2015シーズンはゲームの出場数はそれなりでしたが、Patsにいた2016シーズンでは16ゲーム全てで出場しています。

記憶にある限り、インジャリー・レポートに上がった回数もかなり少なかった(ゼロ?)ように思います。

無事是名馬ではないですが、好不調の波も少なく、安定してゲームに起用されていました。DEニンコビッチ同様、爆発力はなくとも、D#スキームにおいてきっちりと仕事をこなすプレイヤーだったと思います。

■ ■ ■

CBバトラーについては動きはないですね。

おそらく、ドラフト1週間前、4/17過ぎあたりから動きがあるでしょうが、最近になってベリチックはバトラーを手放したくないのでは?、とも思いはじめました。

ただ、そうなると、来年のタグ付け候補はQBガロポロの2人になってしまうので、やっぱりトレードに出すとなると今年かなぁ、とも思います。

バトラーの見返りとして、セインツから2017ドラフトの全体11位をゲットして、LBをドラフトする、というのも考えられますが。

■ ■ ■

AFCのヘッドコーチが一同に会しています。ベリチックを除いて。

ベリチックはフロリダ大学のPro Dayに参加しています。

各ヘッドコーチのPatsへのコメントをみるのは面白いですね。基本は、アメリカ特有の讃辞のオンパレードですが。

中でも、ビルズのHCマクダーモットは、Patsの人事ディレクターのニック・カセリオの手腕を褒めています。
CBギルモアの件ですかね。


CBコールマンin&RBギャフニーout

CBバトラーの問題が燻っていますが、最近の動きを少し。

テンダーオファーを出していたERFAのCBジャスティン・コールマンとサイン。

キャンプではジョナサン・ジョーンズ、サイラス・ジョーンズとポジション争いをすることになります。

バトラーの去就が不透明である今、この中の誰かがステフォン・ギルモア、エリック・ロウに続く3番目のCBになるのか、はたまた新戦力が加わるのか、注目です。

RBタイラー・ギャフニーがリリースされました。

ここに来て、RB陣の人減らし。

ドラフトでピックするのは間違いないと思うのですが、ルギャレット・ブロントとの契約交渉はまとまるのでしょうか?! できれば、戻ってきて欲しいんですけどね~。

ところで、新規加入したWRブランディン・クックス。ラジオに出て、心境を明かしたとか。

内容はというと、セインツには感謝しわだかまりは無し、HCベリチック・QBブレイディをはじめとするPatsの一員になれて嬉しい、とか。

うん、まぁ、純粋に楽しみなんでしょうね。ただ、求められるものは非常に高いですが。

あと、ニュースといえば、ブレイディのスーパーボウルのジャージが見つかったとか。良かったね、の一言しかいえません。

LBハイタワー再契約&RBバークヘッドの契約期間

Patsはドンタ・ハイタワーと再契約しました。

4年43.5M、年平均11M、保証額は19M。

ちなみに、ブラウンズにトレードで移籍したジェイミー・コリンズは4年50M、年平均12.5M、保証額は26M。

一般庶民からすれば、年間10M以上を貰えるんだからいいじゃないか、と思うのですが、この差異について果たして。

とはいえ、チーム内での重要度が違いますし、当然ハイタワーとしてはコリンズの契約内容を受けてのPatsとの再契約ですから、シコリは残らないように思います。

ジェッツの年12Mオファーを蹴ったという話もありますから、単純にお金だけではなかったのでしょうね。というか、Patsが当初提示したと思われる10Mとジェッツのオファーした12Mとの間をとって11Mとなったのでしょうか。そうだとすれば、日本人的発想ですね。

ともかく、ハイタワーがどういう表情で再契約会見をするのか、少し楽しみです。

■ ■ ■

RBのレックス・バークヘッドの契約は1年3.15Mだとか。

金額もそうですが、契約年数は1年ですか!

来シーズン中に、RB陣であるルイス、ホワイト、バークヘッドを見極めて誰かと契約延長をするのでしょうか。

そうだとしても、RBはドラフトニーズになりそうです。2人ぐらいはとるのかな。

ドラフトの楽しみがでてきました。

FA2件&CBバトラー

Patsは、元ベンガルズのRBレックス・バークヘッドと契約しました。

契約の期間や金額などは明らかではありませんが、来年にRBルイスやRBホワイトの契約が満了することを考えれば、契約期間は2年かそれ以上でしょうね。

2015シーズン・2016シーズンは16ゲーム全てにアクティブ・ロスターだったようです。

2016シーズンはランでは74キャリー、344yds、2TD。パスでは、17キャッチ、145yds。

ベンガルズといえばRBジェレミー・ヒルとRBジョバンニ・バーナードの2枚看板の印象が強いですが、バークヘッドもO#スナップの22%でプレーしていたようです。かなりの割合ですね。バークヘッドは、STでも47%でプレーしていたようなので、まさにRBボールデンの代わりになりますね。

また、Patsは、コルツ、チャージャーズ、レイブンズと渡り歩いてきたDEローレンス・ガイと契約。4年間13.4Mで、年平均3.4Mです。契約の期間と額を考えれば、チームはかなり期待しているのでしょうか。こちらも、2015シーズン・2016シーズンは16ゲーム全てでアクティブ・ロスターでした。

ガイの場合はDEロングの代わり、はたまたDEニンコビッチの後継ということになりますかね。注目です。

■ ■ ■

そして、CBバトラー。現地木曜日にセインツと面談するそうです。

バトラーは、Patsのテンダーオファーにサインした上で、セインツと契約を結ぶことになります。

バトラーの代償としてPatsが受け取るのは、1巡全体11位。あるいは、Patsがバトラーと契約した後で、セインツとトレードして、他の条件を受け取る可能性もあります。

仮に1巡全体11位を受け取ることができれば、これを1巡下位のチームとトレードして、1巡全体11位と3巡のどれかをつけて、1巡下位+2巡をゲットできれば御の字ですね。

一方で、バトラーに1巡全体11位の価値はあるのかといえば、十分にあるでしょう。カバースキルはもちろんのこと、自分のところに飛んできた甘いボールはしっかりとキャッチしてINTできます。キャッチされたとしても、タックルもしっかりとしてRACを許しませんしね。

また、バトラーはフィールド内でキャッチを許しても、TDパスを阻止する能力があるように思います。シーズン中、レッドゾーンに入って、バトラーがカバーしていた選手にTDパスを決められる、という場面はほとんど記憶していません。そういった意味で安定しているCBだと思います。

ただ、タイプが似ているスティーラーズのWRブラウンやブロンコスのWRサンダースなどをカバーするのは問題ないのですが、長身でスピードがあるファルコンズのWRジョーンズやベンガルズのWRグリーンなどを完全にカバーできるかといえば微妙ですね。シーズン中、あまり見られなかっただけ、かもしれませんが。

セインツはD#の立て直しが急務ですので、是が非でもバトラーが欲しいんでしょうね。そこまで望まれるバトラーも本望だと思うので、おそらくPatsには戻らないでしょう。残念ですが、2人のCBジョーンズにがんばってもらわねば。

ところで、元パッカーズのRBレイシーがシーホークスに行くようです。Patsが狙っていたという報道はありませんが、ちょっとショックです。1年、5.5M。金額はともかくとして、マーケットの評価も、複数年で契約するような選手としてみなしていなかったか。

まさか、APってことは・・・ないですよね。。。


記事検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ