Do Your Job - Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。 Patsファン歴、かれこれ20年ほどの中年ブログです。

2017年05月

CB争い

CB先発陣は、ギルモア、バトラー、ロウは確定、第4CBをその他の選手で争う、という構図になるのかな、と思っていました。

サイズ的には、ギルモア、ロウがアウトサイド、バトラーがインサイドにつくのでは、とも思っていました。というか、大半の見方がこうでしょう。

ところが、マイク・リースのレポートによると、少し様子が違うようです。

OTAでは、アウトサイドにギルモアとバトラーを据えて、インサイドのスロットにはジョナサン・ジョーンズを起用する場面が多かったようです。

昨シーズンはどちらかというと、STのガンナーとして活躍していたのですが、D#スナップでも64回に出場。とはいえ、大半はゲームの終着(所謂、Patsの勝ち)がみえてからの出場だったので、この回数が多い、少ないとは何ともいえません。

それでも、サイラス・ジョーンズと競争し合う逸材であり、ブラウンズ戦では退場になったサイラス・ジョーンズに代わって出場していました。

ジョナサン・ジョーンズは昨年のルーキーFA。同じルーキーFAから大成した第2のバトラーになれるか。いや、なって欲しいんですけれど。

となると、ロウの起用はどうなるのでしょう。サイズもあって、ぴったりと張り付くD#をみて非常に好感が持てます。

特に、昨シーズン前半は、両サイドはバトラーとローガン・ライアン(現TEN)がいて盤石でしたが、第3CBはコールマンしかおらず、そのコールマンは相手レシーバーにあっさりと抜かれる場面が多く、ストレスが溜まっていたものです。そして、救世主的に現れたのがロウでした。

そんなロウには今シーズンもがんばって欲しいのですが、元いたイーグルスとの契約により、スナップ数によっては献上するドラフト順位が変わってきます。悩ましい問題ですね。

OTAメディア公開日

25日のOTAはメディアにオープンだったので、いくつか情報が上がってきています。

とはいえ、まだはじまったばかりのオフシーズンプログラムなので、コーチや選手のインタビューを聞いても、大した情報はありません。

DCパトリシアもOCマクダニエルズも、ドラフトやFAなどで新規参入した選手をコーチできるのは嬉しい、今あるチームは昨シーズンとは別のチームだ、OTAではチームの基礎をつくる、などです。

そうはいっても、練習自体は、雨が降りしきる中でありながら、結構なハードメニューのように思いました。これまたいつもどおりですかね。ドームでプレイしてきたクックスにとっては、「not better」と苦笑いの天候でした。

昨シーズン終盤にケガをしたTEグロンクも元気そうですね。QBブレイディからのバックショルダーTDパスをキャッチしていました。まぁ、オフシーズンにプロレスに参戦していたぐらいですから、ケガの具合は問題なさそうです。

そのグロンクにTDパスを許したのは、Sジョーダン・リチャーズ。動画を見る限り、完璧に抜かれていたので、OTAとはいえ心配だぞ。

CBサイラス・ジョーンズはパント処理に複数回失敗したそうです。チームはやはり彼をパントリターナーとして期待しているのですね。ただ、WRアメンドーラもポロリがあったみたいなので、悪天候が原因のようです。とはいえ、WRエデルマンは完璧に処理していたそうなので、プロなのだから言い訳をせずに精進して欲しいものです。

2015・2016ドラ2コンビには、練習でアピールして欲しいものです。リチャーズにとっては、今オフが正念場のような気がします。

パスミスが目立った日のようですが、それでもグロンク、エデルマン、クックス、ルイスはしっかりとパスを獲っていたようです。サスガの一言。あと、RBのD.J.フォスターも目立っていたようです。

昨日言及したWRデビン・ルシアンは2度のパスミス。おい、がんばれ!

LBハイタワー、WRミッチェル、DTブランチ、Kゴスコウスキー、Sハーモンなどが練習欠席。ハイタワーは施設にはいたようです。メディアの前に出るのがイヤだった? ハイタワーの心情が心配です。

WRアンドリュー・ホーキンスと1年契約

Patsは、ベンガルズ、ブラウンズなどで活躍したベテランWRのアンドリュー・ホーキンスと契約しました。期間は1年。

代わって、WRデビン・ストリートをリリースしました。

WRロスター候補を入れ替えたような形ですが、まだWR陣をテコ入れする必要があると思っているのですね。

キャンプやプレシーズンゲームなどで、シーズン開幕前の53ロスターカット前に主力(エデルマン、ホーガン、クックス、ミッチェル、アメンドーラ)に負傷者が出る可能性はある、というのはわかりますが。

とはいえ、31歳、1年契約のホーキンスに求めるものは大きくないような気がするのですが、いかがでしょう。

本人はやる気満々のコメントを出しており、実績的には他のWRロスター候補よりも優位ですが、エデルマン、アメンドーラと同年齢というのはいかにも。

個人的には6'2"とサイズのある2016ドラフト7巡のデビン・ルシアンにがんばってもらいたいのですが。

昨シーズン前の53ロスターカットで残ったのは、エデルマン、ホーガン、ミッチェル、アメンドーラの4名(スレイターを入れると5名)。

今シーズンはクックスは確実なので、53ロスターカットに残るのは上記4名+クックスの5名になるというのが大方の予想。

アメンドーラを放出するんじゃないのという声がありますが、どうでしょうね。ヤード数ではエデルマンやホーガンに水をあけられていますが、TDパスをキャッチするスキルといった、ここぞという決め手はピカ一だと思います。クックスがTDを量産してくれれば、言うことはないのですが。

ルーキーFAはロスターに残るのは少し厳しいような気がします。よっぽどルートランニングが上手いのであれば別ですが。

TEグロンクの契約見直し&チーム代表者会議

TEグロンクは今年5.25Mを受け取る予定でしたが、インセンティブを見直して倍額以上を受け取ることが可能になりました。

第1指標として、90%のプレイタイム、80キャッチ、1200yds、オールプロ選出のいずれかを満たせば、10.75Mを受け取ることになります。

第2指標として、80%のプレイタイム、70キャッチ、1000yds、12TDのいずれかを満たせば、8.75Mを受け取ることになります。

第3指標として、70%のプレイタイム、60キャッチ、800yds、10TDのいずれかを満たせば、6.75Mを受け取ることになります。

グロンクは過去に4度オールプロに選出されており、80キャッチは2度、1200ydsは1度ありますので、10.75Mを受け取ることは十分に可能です。

というよりも、ケガ無くフルシーズン出場すれば、第1指標はクリアできると思います。第2指標、第3指標はあってないようなものでしょう。QBがブレイディ(かガロポロ)である限りは、という条件付きだと思いますが。

10.75Mを受け取ることができれば、TEとしては最高額となります。今年はベネットが去り、彼に期待するものは大きいと思います。TEアレンが化けてくれれば別ですが。

とにかくケガするな! グロンクについてはその一言に尽きます。

■ ■ ■

チーム代表者会議でいくつかのルール変更が承認されたようです。

簡単に列挙すると、以下のとおり。

・第3プレシーズンゲーム後の75ロスターカットの廃止

・オーバータイム(OT)を15分から10分へ削減

・IRから復帰できる選手を1人から2人へ増加

・TDセレブレーションの緩和(相手チームへのトーンティングを除く)

OTの時間短縮は引き分けのゲームが増えるということになるでしょうか。プレイオフをかけた戦いにどういう影響をもたらすのか、興味のあるところです。

TDセレブレーションについては、選手と観客とが一体になれる瞬間ですからね。アメフトの場合、贔屓チームがO#のときは黙っていなければならず、TDをとってはじめて爆発できるという特性があることから、TDセレブレーションは大目にみてもいいような気がします。まぁ、テレル・オーウェンスが過去にしたようなセレブレーションはいかがなものか、と思いますが。

過去にいくつかあったキッキング・ゲームの変更は、今回は特になかったようですね。

オフシーズンスケジュール

Patsのオフシーズンスケジュールを確認しておきます。

5/22、23、25、31、6/1の5日間は、OTA(Organized Team Activity)が予定されています。

このうち、メディアが入っていいのは5/25だけ。

日本時間の5/26以降に練習の模様があがってくると思います。

続いて、6/6~6/8の3日間はミニキャンプ。メディアの取材もあります。

6/12、13、15に再びOTA。

なお、6/15には、制限FAへのオファーを却下するか、「June 15 Tender」によって独占交渉権を維持するかをチームは決めなければなりません。

その後は7月後半にトレーニングキャンプのはじまり。日程はまだ明らかになっていません。

8/10にプレシーズン第1戦(vs ジャガーズ)があり、8/29に75ロスターカット、9/2に53ロスターカットがあり、9/7にレギュラーシーズン第1戦を迎えることになります。

5/26頃にメディアからあがってくる情報が楽しみです。

CBバトラー、ギルモア、ロウ相手のQBブレイディとWRクックスとの連携など、見所満載ですね。

CBダレル・リービスが加入したときは練習でリービスにINTを献上していたブレイディですが、ギルモア相手にさて。

楽しみです。


記事検索
最新コメント
Patriots ロスター

WR Julian Edelman 31歳
WR Chris Hogan 28歳
WR Brandin Cooks 23歳
WR Malcolm Mitchell 23歳
WR Matthew Slater 31歳
WR Danny Amendola 31歳
WR Cody Hollister 23歳
WR Austin Carr 23歳
WR D.J. Foster 23歳
WR DeAndre White 25歳
WR Devin Lucien 23歳
WR Andrew Hawkins 31歳
TE Dwayne Allen 27歳
TE Jacob Hollister 23歳
TE Matt Lengel 26歳
TE Sam Cotton 23歳
T Joe Thuney 24歳
T Conor McDermott 24歳
T Cameron Fleming 24歳
T Jason King 23歳
T Cole Croston 23歳
T Max Rich 23歳
T Andrew Jelks 23歳
T Chase Farris 24歳
T Antonio Garcia 23歳
SS Duron Harmon 26歳
SS Patrick Chung 29歳
SS Jordan Richards 24歳
S Jason Thompson 23歳
RT LaAdrian Waddle 25歳
RB James White 25歳
RB Mike Gillislee 26歳
RB Rex Burkhead 26歳
RB Dion Lewis 26歳
RB LeShun Daniels 21歳
RB Brandon Bolden 27歳
QB Tom Brady 39歳
QB Jimmy Garoppolo 25歳
QB Jacoby Brissett 24歳
P Ryan Allen 27歳
OLB Kyle Van Noy 26歳
OLB Trevor Bates 23歳
LT Marcus Cannon 29歳
LT Nate Solder 29歳
LS Joe Cardona 25歳
LB Harvey Langi 24歳
LB Dwayne Thomas 23歳
LB Brooks Ellis 22歳
K Stephen Gostkowski 33歳
ILB Dont'a Hightower 27歳
ILB Shea McClellin 27歳
ILB Jonathan Freeny 27歳
ILB Elandon Roberts 23歳
G Shaq Mason 23歳
G Ted Karras 24歳
FS Devin McCourty 29歳
FS Nate Ebner 27歳
FS Brandon King 23歳
FB James Develin 28歳
FB Glenn Gronkowski 24歳
DT Alan Branch 32歳
DT Malcom Brown 23歳
DT Vincent Valentine 23歳
DT Corey Vereen 21歳
DT Josh Augusta 22歳
DT Adam Butler 23歳
DT Darius Kilgo 25歳
DT Woodrow Hamilton 24歳
DE Lawrence Guy 27歳
DE Kony Ealy 25歳
DE Rob Ninkovich 33歳
DE Deatrich Wise 22歳
DE Trey Flowers 23歳
DE Greg Scruggs 26歳
DE Geno Grissom 24歳
DE Derek Rivers 22歳
CB Stephon Gilmore 26歳
CB Eric Rowe 24歳
CB Cyrus Jones 23歳
CB Malcolm Butler 27歳
CB D.J. Killings 21歳
CB David Jones 23歳
CB Kenny Moore 21歳
CB Damarius Travis 23歳
CB Jonathan Jones 23歳
CB Justin Coleman 24歳
C David Andrews 24歳
C James Ferentz 27歳
C Jamil Douglas 25歳
(2017/05/29現在)