Patsは、ジャイアンツのDEケリー・ウィン、ビルズのRBマイク・ギリズリー、ドルフィンズのRBダミアン・ウイリアムスと面談したようです。

彼らは全てRFAです。なので、Patsがオファーしても、所属チームが同条件を提示すれば、Patsと契約に至ることはありません。

RBについては、先日エイドリアン・ピーターソンとも面談をしました。こちらは契約には至りませんでしたが、PatsがRBを求めているのは明らかです。

そうなると解せないのは、RBレックス・バークヘッドとの契約内容ですね。

3.15Mという金額(現状、PatsのRBの中では最高額)もさることながら、契約期間が1年というのはどうなんでしょうか。

CBギルモアと同様に、どうしてもPatsは欲しかった、という見方ができます。

また、DEもクリス・ロング(PHI)とジャバール・シェアード(IND)が移籍して、コニー・イーリーが新たに加わって、収支でいうと-1の状態です。RBと同様に、DEもニーズの高いポジションです。

上記3人の中で実績があるのはギリズリーですね。その分、彼を獲得しようとしたら、5巡指名権を明け渡さなければなりません。

それに対して、残りの2人は、補償無しですね。ウイリアムスは、どちらかといえば、パッシングRBというイメージでしょうか。

ギリズリーを獲得できるのであれば、嬉しいですね。2016シーズンのPats戦でも85ヤードを稼いでいます。

ただ、そうなると、RBブロントは・・・。

PatsのRB陣は目が離せないですね。