O#を支えるのがOLなら、D#を支えるのはDL。

昨シーズン、Patsが好調だった要因の一つに、OL・DLが安定していた、ということがあります。

そして、今回はDLのうちのインサイドDL、つまりDTについて。

PatsのDTの役目は、ランストップ。これに限ります。DTによるサックの重要性は低いでしょう。

PatsのDTといえば、アラン・ブランチとマルコム・ブラウンのぶらぶらコンビ。サイドラインで二人仲良く話している姿もよく見られます。

ブランチは、2007年のドラフトで、2巡33位でカージナルスにピックされました。

一方で、ブラウンは、2015年のドラフトで、1巡32位でPatsにピックされました。ちなみに、Patsは前年の2014年に、1巡29位でDTドミニク・イーズリーをとっていたので、このピックには少々驚きがありました。そのイーズリーはけっきょく昨シーズンオフに放出されることになります。

そして、2016年シーズンの新戦力として、3巡96位でDTビンセント・バレンタインがドラフトされました。このバレンタインが大当たり。ぶらぶらコンビの控えとして十二分に働いてくれました。

Pro Football Focusによると、ブランチとブラウンはラン・ディフェンス・ランキングでともに15位。今年Patsに加わったローレンス・ガイは24位です。一方で、バレンタインは、ルーキーDTの中で最も有用な選手と一人として評価されています。レイブンズのマイケル・ピアース(ルーキーFA)には適わなかったものの、パッカーズのドラ1巡27位のケニー・クラークと同等の評価がなされています。

今シーズンのPatsのDT陣は、ブランチ、ブラウン、バレンタインは健在、これにガイが加わりました。

そして、これらの今シーズンのサラリーは、合計で10.2M。安い!

ちなみに、AFC東のライバルであるドルフィンズのDTダムコング・スーは19M、ジェッツのDTムハンマド・ウィルカーソンは17M、ビルズのDTマーセル・ダレウスは16M。Patsの4人合わせた額よりも高給です。

ガイが活躍してくれれば、DT4人衆で盤石ですね。ルーキーFAに入る隙はないかな。