公式HPでデプス・チャートが更新されています。

この時期のものがどれほど意味があるのか定かではありませんが、先発(1st)については見る価値がありそうです。

まずはO#から。

WRはクックスとエデルマン、TEはグロンク、RBはルイスとホワイトという布陣。QBはもちろんブレイディ。

OLは昨年と同じくソルダー、チューニー、アンドリュース、メイソン、キャノンとなっています。

昨シーズンと主だって違うところは、クックスですね。それ以外の面子は変わりません。

続いて、D#。

DEはイーリーとフラワーズ、DTはブランチとブラウン、LBはハイタワー、マクレリン、ハリスとなっています。

CBはギルモアとバトラー、Sはチャンとマコウティーですね。

イーリー、ハリス、ギルモアが新加入の選手たちです。ハリスは先発待遇なんですね。頼れるベテランということになります。

その他、気付いた点を列挙すると、RBギリズリーが現状では5番手の評価ということ。キャンプでは、パワーバックとしてボールデンが目立っています。予想では、1stはホワイトとギリズリー、2ndはルイスとバークヘッドになるのかなぁと思っていたのですが、少し様子が違うようです。

OTは、2ndがウェドルとフレミング。実際、キャンプでは、ソルダーがケガのために、LTとしてこの2人がローテーションで入っています。が、デキはイマイチ。それよりも、ガルシアはキャンプでいい動きを見せているようなので、この機会に1stで試して欲しいような気がします。戦術理解がイマイチなのでしょうか。

C/Gの層が薄い。実質、テド・カラスしかいない。アンドリュースがケガをした場合は、チューニーがCに入り、カラスがLGに入るようです。

TとC/Gとでは、人数のアンバランスが顕著。マクダーモットはTのままなのでしょうか。

ホリスター兄弟の評価が高いのには驚き。WR、TEの3rdに入っています。4thに入っているオショネッシー、ルシエン、カーはチャンスをものにできていないのでしょうか。

D#では、動きの良いワイズ(3rd)がリバース(2nd)よりも評価が高いのかなと思っていたのですが、そうでもないようです。しかし、DEの層は薄い。シーズンでは、イーリー、フラワーズ、グリッソムでローテーションすることになりそうです。リバースとワイズの急成長に期待ですね。

変わって、DT、LBは1st、2ndと盤石でしょうか。ここに新人が入る余地はなさそうです。ロンギーはLBの3rdに入っていますが、エッジのような扱いもされています。

CBはコールマンが驚きの2nd待遇。サイラス、ジョナサンの二人のジョーンズは3rd。2ndは、ロウとともにジョナサン・ジョーンズが入るものと思っていました。キャンプで目立った動きを見せるケニー・ムーアは4thですね。

Sは、2ndにハーモンとともにリチャーズが入っています。リチャーズ、いよいよブレイクか。ベテラントリオの一角に入り込む存在になって欲しいものです。

PR/KRはサイラス・ジョーンズが3rdに入っています。1stはともかく、2ndにも入っていない。今シーズンは様子見でしょうか。

■ ■ ■

デプス・チャートでずいぶんと長くなってしまったので、キャンプ情報は少しだけ。

ジャガーズとの合同練習がはじまっています。

D#陣は総じて良いようですね。

O#は、ともかくクックス。早くて、ルートランがしっかりしてて、キャッチが上手い。言うことなし。ただ、練習で酷使し過ぎているようにも感じるので、ケガがコワイですね。シーズン開始まで1ヶ月ありますから、少しペースダウンしても良いように感じます。そうしてもいいぐらいに、ブレイディとのコンビネーションができあがっているように思うのですが、どうでしょうか。

WR/STマシュー・スレイターは、このところ練習の不参加が続いています。ケガの内容については明かされていません。今年32歳になるベテラン。盟友ニンコビッチ、ボルマーに続いて、ex-PatsのDTウィルフォークが引退。あくまで憶測ですが、スレイターも考えがあるのかもしれませんね。