Do Your Job - Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。 Patsファン歴、かれこれ20年ほどの中年ブログです。

レビュー

ワイルドカードPO -その2-

ワイルドカード3戦目は、

× MIA @ PIT ○

PO常連組とそうではない組との差が出たような内容でした。

両者はレギュラーシーズンでも対戦があったのですが、そのときのゲーム内容と正反対の内容。

やはり、RSとPOは違うのだな、と思い知らされた一戦でした。

4戦目は、

× NYG @ GB ○

ゲームでは、前半にスコアを連取したのはNYG。

しかし、TDには至らず2本のFGに終わりました。

ここで1本でもTDに結びついていたなら、と思ったのですが、ダメでしたね。

けっきょく、この後にGBにTDを奪われて逆転を許し、さらには前半終了直前にヘイルメアリーTDを決められて8点差をつけられてしまいました。

そのヘイルメアリー。WRコブが空いていたのはどういうこと?、と思ってしまいました。

さらに、LBも普通にフィールド上にいたので、ここはセカンダリーを増やすか、WR・TEなどのキャッチ能力に優れたものを出しても良かったのでは?、とさえ思いました。

スクリメージラインはゴールラインのはるか手前でしたので、QBロジャースに走られてTDを奪われる危険性も少なかったように思います。

ここはHCの経験が響いたのでしょうか。

後半は、前半の内容が嘘のようにQBロジャースのパスが決まります。

ファンブルロストをみても、緊張の糸が切れたのでしょうか。

第16週のDALに勝ったゲームをみて、今年のNYGは違う!、と思ったものですが。

できれば、Super Bowlにまで進み、2度の屈辱を返す舞台を整えて欲しかったと思います。

★ ★ ★

けっきょく、ワイルドカードPOはホーム(シード上位)のチームが順当勝ちするという内容になりました。

しかも、点差が開いたゲームが多かったように思います。

今週はいよいよPatsがPOに登場。

その他の3ゲームも見所満点です。

純粋に楽しみですね。

Week 17 vs MIA戦 -速報版-

無事に勝利して、POのホームフィールドアドヴァンテージを獲得。

今シーズンはロード全勝とはいっても、やはりホームでゲームができるのに越したことはありません。

ゲーム開始から、両チームともに現状のベストメンバー。ガチンコの戦いでした。

D#は久しぶりに2TDを許すも、O#が爆発。

D#は悪いながらも、INT、FFと、ターンオーバーを演出。それをO#が得点につなげて勝利を得ました。

典型的なミスをした方が負ける、というゲームでした。

WRフロイドがTDを決めるなど、POに向けて明るい材料もありました。

最終スコアは、
Pats 35 - MIA 14

予想スコアとそう変わらないものの、MIAは全力で来てこの点差ですから、Patsはサスガです。



Week 16 vs Jets戦 -速報版-

最終スコアは、

Pats 41 - Jets 3

望みどおりに快勝してくれました。

予想通りに3Q終盤からQBブレイディはお役御免で、QBガロポロが出場。

ガロポロはほとんどパスを投げずに、4Qは無難にランを選択しつつもTD。

ガロポロがこのゲームで唯一決めたパスをキャッチしたのはWRフロイド。

フロイドとWRミッチェルがともにラインナップする日はくるのでしょうか。楽しみです。

PatsのO#はパッシングヤードは211yds、ラッシングヤードは114yds。

数字は平凡でも、パスもランも決めるときに決めてケチをつける必要がありません。

PatsのD#は4ターンオーバを奪う活躍。

特に、CBバトラーは2INT、1FF(LBロバーツでした)&リカバーの活躍。

CBロウもINTを決めました。CBライアンのパスディフェンスといい、セイフティー・トリプレッツの活躍といい、セカンダリーは問題なし。

気になったのはDTのローテーション。試合を通じてDTバレンタインが出場して、前半はDTブランチ、後半はDTブラウンを起用という布陣。休ませる意図で、先発二人の出番を少なくしたのでしょうか。

いずれにしても、先発を休ませつつの快勝なので、理想的なゲームでした。

シーズン無敗の2010年シーズン、スーパーボウルを制した2014年シーズンよりも安定感があります。

TEグロンクがいなくても、O#の駒が揃っています。

正直、ファンとしても、フロイドを獲得したのはいかがなものか、とも思ったのですが、やはり新戦力になってくれると嬉しいものです。他チームのファンにはブーイングものでしょうが。


Week 16 vs Jets戦 -前半速報版-

LBハイタワーが欠場。無理をさせなかったということでしょうか。
 
HCボウルズはフィールドに、姿を現しました。
 
Jetsの最初のO#を3&アウトに抑えて、 Patsの最初のドライブは結果としてFG。
 
最後はWRエデルマンが空いていましたがしようがないでしょう。
 
その後のJetsのO# はCBバトラーがINT 。
 
完全に相手WRをカバーしていたので、QB ペティは勇気があるというか無謀というか。
 
返すPatsのO# にて、WRフロイドがデビューを果たしました。パスをキャッチしながらも、残念ながらアウトオブライン。この後の活躍に期待です。
 
WRミッチェル、WRホーガンなどにパスが決まりつつ、最後は TEベネットへのTDパス。
 
その後は互いにパントで終わった後、JetsのO# にてバトラーのファンブルフォースタックルの後に自身でピックしてPatsの O# へ。このときタックルにいったペティは左腕を負傷しました。Patsは珍しく CB ブリッツを仕掛けました。
 
PatsのO#は結果としてFG。この日の審判は CBのWRへのコンタクトを見逃しがちでした。
 
QBがフィッツパトリックに代わってからのJetsの O#はリズムも良く、自陣深くまで攻め込まれました。FG失敗でなんとか点数を与えずに済んだものの、ヒヤリとした瞬間でした。
 
その後のPatsのO# はパントで終わるものの、返すD#でCB ロウの INT。またもカバーされているWRに投げてのものです。
 
この後、エデルマンへのミドルのパスが決まり、最後はTEリンゲルの TDパス。彼にとってPatsに来てから最初のパスが TDパスとなりました。メリークリスマス。
 
その後、さらにPatsはTD パスを炸裂して、前半終わってのスコアは
Pats 27 - Jets 0
文句無しです。
 
後半は早々にQBガロポロを投入することでしょう。

Week 15 vs DEN戦 -後半 Review-

後半も前半に引き続き、PatsのO#はラン中心。

トータルでも、パス32回に対して、ランは39回。

RBルイスのランは平均で5ydsを越えており、よく決まっていました。

3rdダウンでのWRホーガンの落球はあったものの、前半には決まらなかったRBホワイトへのパスもとおりはじめます。TEベネットのRACによるロングゲイン、WRミッチェルのナイスキャッチなど、レシーバー陣は良い仕事をしてくれました。

なにより、QBブレイディが落ち着いていましたね。

3Q、3rdダウンの場面で、相手D#の陣形をみてタイムアウトを要求。

その後、3rdダウンを更新し、TDは奪えなかったものの、FGに繋げています。

そして、4Q、相手ゴール前2~3ydsでの3rdダウンの場面。

スコアは、Pats 13 - DEN 3です。

DENのO#の状況を考えると、TDを決めればほぼゲームが決まるという場面です。

レシーバーが空いていないとみるや、相手DLのプレッシャーがほとんどかかっていない状況ながら、ブレイディは早々と投げ捨てました。何気にファインプレーです。

結果、FGが決まり、16 - 3 としたままで、ゲームに勝利しました。

BAL戦の教訓が活きたのでしょうか。

Kゴスコウスキーの復調も嬉しいです。45yds、40yds、21ydsを決めています。

特に、最初の45ydsは、相手のミスからの初スコアだったので、値千金だったでしょう。

また、PatsのOLも良い仕事をして、特にTキャノンがよくLBミラーを抑えていました。

ミラーはスピードを活かして半身がちにタックルにヒットして、その反動でQBに正対してサックを決める、という印象があります。少なくとも、タックルに正面からぶつかるタイプではないですよね。

それに対して、キャノンは上手く腕を使いながら間合いをとり、身体の正面でミラーのヒットを受けていました。こうなっては体重差があることから、ミラーに為す術もなくキャノンを抜くことはできません。ミラー対策のお手本のようなプレーでしたね。

後半のPatsのD#は言うこと無し。

ランを抑えつつ、時折トーマスにパスを通されるものの、ロングゲインを許しませんでした。

というよりも、前半に引き続きPatsのDLがDENのOLを圧倒していましたね。

特に、DENのインサイドの三人(C、両G)の連携がうまくいってなかったようです。DLブランチ・DLブラウンがよくインサイドを突破していました。特に、クロスして入っていくパターンには誰をブロックしていいのかわからずに、戸惑っていたように見えました。

両Tはオフシーズンに補強したようですが、来年はこのあたりもDENの補強ポイントになるのでしょうか。

QBシーミアンは先発になって1年目ということを考えれば、素晴らしいと思います。テキサンズに移籍したQBオズワイラーと比べても、全然良いと思います。

このまま順調に成長していけば・・・と思うのですが、DENは1巡でQBリンチを獲得しているので、どうなんでしょうか。今後のQBの選択が難しそうです。

今回のゲームは、O#が進まなくてロースコアの展開ながらも、D#合戦という点では見所満点のゲームでした。

プロボウルの選出、Jets戦のプレビューなどは順次更新します。

記事検索
最新コメント
Patriots ロスター

WR Julian Edelman 31歳
WR Chris Hogan 28歳
WR Brandin Cooks 23歳
WR Malcolm Mitchell 23歳
WR Matthew Slater 31歳
WR Danny Amendola 31歳
WR Cody Hollister 23歳
WR Austin Carr 23歳
WR D.J. Foster 23歳
WR DeAndre White 25歳
WR Devin Lucien 23歳
WR Andrew Hawkins 31歳
TE Dwayne Allen 27歳
TE Jacob Hollister 23歳
TE Matt Lengel 26歳
TE Sam Cotton 23歳
T Joe Thuney 24歳
T Conor McDermott 24歳
T Cameron Fleming 24歳
T Jason King 23歳
T Cole Croston 23歳
T Max Rich 23歳
T Andrew Jelks 23歳
T Chase Farris 24歳
T Antonio Garcia 23歳
SS Duron Harmon 26歳
SS Patrick Chung 29歳
SS Jordan Richards 24歳
S Jason Thompson 23歳
RT LaAdrian Waddle 25歳
RB James White 25歳
RB Mike Gillislee 26歳
RB Rex Burkhead 26歳
RB Dion Lewis 26歳
RB LeShun Daniels 21歳
RB Brandon Bolden 27歳
QB Tom Brady 39歳
QB Jimmy Garoppolo 25歳
QB Jacoby Brissett 24歳
P Ryan Allen 27歳
OLB Kyle Van Noy 26歳
OLB Trevor Bates 23歳
LT Marcus Cannon 29歳
LT Nate Solder 29歳
LS Joe Cardona 25歳
LB Harvey Langi 24歳
LB Dwayne Thomas 23歳
LB Brooks Ellis 22歳
K Stephen Gostkowski 33歳
ILB Dont'a Hightower 27歳
ILB Shea McClellin 27歳
ILB Jonathan Freeny 27歳
ILB Elandon Roberts 23歳
G Shaq Mason 23歳
G Ted Karras 24歳
FS Devin McCourty 29歳
FS Nate Ebner 27歳
FS Brandon King 23歳
FB James Develin 28歳
FB Glenn Gronkowski 24歳
DT Alan Branch 32歳
DT Malcom Brown 23歳
DT Vincent Valentine 23歳
DT Corey Vereen 21歳
DT Josh Augusta 22歳
DT Adam Butler 23歳
DT Darius Kilgo 25歳
DT Woodrow Hamilton 24歳
DE Lawrence Guy 27歳
DE Kony Ealy 25歳
DE Rob Ninkovich 33歳
DE Deatrich Wise 22歳
DE Trey Flowers 23歳
DE Greg Scruggs 26歳
DE Geno Grissom 24歳
DE Derek Rivers 22歳
CB Stephon Gilmore 26歳
CB Eric Rowe 24歳
CB Cyrus Jones 23歳
CB Malcolm Butler 27歳
CB D.J. Killings 21歳
CB David Jones 23歳
CB Kenny Moore 21歳
CB Damarius Travis 23歳
CB Jonathan Jones 23歳
CB Justin Coleman 24歳
C David Andrews 24歳
C James Ferentz 27歳
C Jamil Douglas 25歳
(2017/05/29現在)