Do Your Job - Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。

レビュー

プレWeek 1 vs JAX戦 -Review-

案の定、O#、D#ともに、1stチームは出場せず。

それでも、RBルイス、RBボールデン、LBフリーニー、LBロバーツは出ていました。

■ D#

ゲームに不出場だったことから、LBの1stは、ハイタワー、ハリス、マクレリン、ヴァン・ノイのローテーションということになりそうです。

ロバーツは経験を積ませるためにゲームに出ていたとしても、フリーニーはどうなんでしょうね。ケガ明けだから使ったということでしょうか。ロバーツについては、ゲーム途中にケガをしました。経過が心配です。

CBはサイラスとコールマン。スロットでジョナサンという布陣。

サイラスですが、スコーンと抜かれて、1発ロングTDを許したのが2度、インターフェアーに終わるもけっきょくはTDにつながったのが1度ありました。このゲームで見限るのはいかがかと思われますが、CBとしてNFLでプレーするのは厳しいかもしれません。

1発TDは、Sリチャーズも悪い。全く詰めきれていませんでした。ランTDを許した場面でも、目の前にRBがいたのに、タックルにいけませんでした。ゲームを通してあまり目立ちませんでしたね。

コールマンは無難にこなしていましたね。ギルモア、バトラー、ロウに続くのは、ジョナサンとコールマンでしょう。

サイラスも問題ですが、もっと問題なのはEDGE。効果的なパスラッシュは皆無でした。当然、サックなどあるはずもなく。フラワーズは欠場していましたが、ワイズ、リバース、イーリー、グリッソムという2番手以降が出て、この体たらく。グリッソムは現状で、5番手の評価ですかね。しかも、ワイズはゲーム途中にケガで退場。リバースは本当に目立たない。フラワーズ、ニンコビッチ、ロング、シェアードを擁した昨シーズンに遠く及ばず。テコ入れがあるかもしれませんね。かなり心配です。

そして、層の薄さを露呈したDT陣。3rd以降しか出ていませんが、中央のランを止められない。完全にジャガーズのOLにコントロールされていました。

ブランチ、ブラウン、バレンタイン、ガイの1stチームとの差はかなり開いていると思います。

■ O#

QBは、3Q途中まではガロポロ、それ以降はブリセットでした。

ガロポロは流石。レギュラーシーズンで先発を経験したからか、安定感があります。来シーズンのFA市場の目玉になるのは間違いないですね。

ブリセットも、パスが浮き気味だったものの、それほど悪くはありません。

PatsのQB陣はリーグ最高レベルだと思います。

WRでは、3rdチームのK.J.メイが良い動き。カーもジャンピングキャッチでTDを決めていました。この2人はなんらかの形でPatsに残って欲しいですね。

TEはジェイコブ・ホリスターが目立っていましたね。ただ、アレン、レンゲルは不出場、オショネッシーもおそらく出ていなかったと思いますので、競争的に優位かといわれれば、よくわかりません。

グロンク弟もパスキャッチをしていたし、リードブロックもよかったので、見所がありました。

OTは、やはりウェドル、フレミングがイマイチ。ラッシュを漏らして、QBへのサックやヒットを献上していました。ドラフティーのマクダーモットがRTとして出ていましたが、なかなか良かったように思います。フォルススタートはいただけませんが。

IOLは、CやRGで出ていたカラスが一人奮闘していましたが、他がイマイチ。インサイドのランはほとんど出ませんでしたね。

そして、RB陣。ルイスとボールデンは、当落線上なんでしょうか。OLが2nd、3rdだったとはいえ、ルイスも特に目立たず。ケガの影響なんでしょうか、スピードがあまり感じられませんでした。ボールデンに、移籍したブロントの代わりを期待するのは酷ですね。それがわかりました。

バークヘッド、ギリズリーが出ていなかったので、なんともいえませんが、ブロントの抜けた穴は小さくないのかもしれません。そんな中、ルーキーFAのルショーン・ダニエルズという4thチームのRBが2ndハーフに出ていました。なかなか力強い走りをする選手で、キャリー回数も最多の11回。残りのプレシーズンゲームの活躍に注目です。

■ ST

CBとしては酷かったサイラスですが、KR/PRの全てを任されて、無難にキャッチしていました。生き残るとしたら、これらのポジションで、ということになりそうです。

KゴスコウスキーがFGを外す。う~ん。

■ 総評

楽しみにしていたプレシーズン第1戦ですが、課題ばかりが目立ちました。

来シーズンのドラフトでは、上位でDEとDTを、ガルシアがイマイチなのであればOTも上位でとるようにして欲しいです。

Patsのゲームを見てて、1発TDを3回もみるなんて思いもよりませんでした。元ドラ2巡のリチャーズ、サイラスは、ちょっと厳しいですね。

2016シーズン振り返り -Week 2 vsMIA-

Week 1の振り返りから時間が経ちましたが、今回はWeek 2を振り返ります。

AFC東地区のライバル、MIAをホームに迎えたゲームでした。

CBロウ、LBハイタワー、TEグロンクがいない中でのホーム開幕戦。

前半が終わった段階で、Pats 24 - MIA 3。しかし、最終的には、Pats 31 - MIA 24です。


前半でゲームの行く末が見えたかと思いましたが、前半残り5分を切ったところで、まさかのQBガロポロのケガ。

MIAのLBキコ・アロンソからハードタックルを受けて、倒れ様に右肩をケガしました。

その後はゲームに戻れず、QBは新人のブリセットに交代。

ブリセットは無難なプレーをしていましたが、TDパスを奪えるわけでもなく、ラン主体の攻撃に変更。後半はランで1TDを奪うのがやっとでした。

これにMIAのO#が発奮したのか後半終了間際に1TD差まで詰め寄られます。

最後は、残り2秒のところで、TDを狙ったタネヒルのパスをSハーモンがINTしてゲーム終了となりました。

QBガロポロはケガをする前までは、18/26、232yds、3TDの成績。完璧でした。無理をしないでいい場面でスローした後にタックルをくらってケガ。経験の少なさが悪い形で出ました。ケガをしなければ、Week 3、4でも圧倒的なクォーターバッキングを見せてたかもしれません。彼のキャリア上、勿体なかったように思います。

一方で、ブリセットは落ち着いていました。控えQBがいない中、スクランブルで1stダウンを奪おうというプレーにはヒヤヒヤものでしたが。

問題はD#陣。前半はほぼ完璧に相手のQBタネヒルやRBフォスター(ゲーム途中でケガ)を抑えていましたが、ガロポロが退場したあたりから雲行きが怪しくなりました。

WRランドリー、WRパーカー、WRスティルスを止められず。

特にスティルスのTDパスは、カバーしていたCBコールマンがあっさりとダブルムーブに引っかかってのもの。プレシーズンゲームでも何度かやらかしており、コールマンはいかがなものか、と思ったものです。

ただ、今年のキャンプではコールマンの動きが目立ち、現在は2ndクラスという評価。果たして成長しているのでしょうか。

このゲームでのD#の中心はLBジェイミー・コリンズ。後半のMIAの追い上げをどうにもできませんでした。彼は2番手、3番手であればよい仕事をするのですが、リーダー的な役割だと荷が重くなります。その役割を担うのがハイタワーですが、このゲームでは欠場。そして、シーズン途中でコリンズはCLEにトレードに出されます。

Week 1に引き続き、このゲームでも目立っていたのは、DEクリス・ロングとDEジャバール・シェアード。特にロングが良かったです。

2人のいない今シーズンのDE陣は果たして。

2016シーズン振り返り -Week 1@ARI-

このブログを書き始めたのが、昨年10月。Week6のベンガルズ戦からです。

Week1~5の振り返りをしたいなと思っていたので、ニュース記事が乏しい今のうちにやっておきます。

Week1の最終スコアは、以下のとおり。

Pats 23 - 21 ARI

かろうじて逃げ切りました。

大方の見方は、ARIが最後の47ydsのキックを外してくれたおかげでPatsは勝てた、というもの。これはキッカー一人の責任というよりも、新人LSのスナップが乱れ、ホルダーもうまくホールドできずに、キックも悪かったというもの。ARIはこのときまでにタイムアウトを使い切っていたので、限られた時間で準備をしなければならず、全てがうまくいかなかったということになります。

ミスキックで勝てたという見方は間違ってはいないものの、ほぼベストメンバーであるARIに対して、PatsはつぎはぎだらけのO#・D#でよく勝てたな、というのが私の感想です。

ただし、最後の最後にボロが出た。件の47ydsキックの前の3rdダウン。その前の2ndダウンでFG圏外においやっていたのに、3rdダウンで18ydsのパスを決められて、FG圏内に。パスキャッチを決めたのはWRブラウン。対するのはCBサイラス・ジョーンズでした。完全に振り切られていたので、彼には荷が重すぎたのでしょう。

O#・D#のロスターはといえば、もちろんQBブレイディはいない、それに加えて、TEグロンク、OTソルダー、OGメイソン、CBロウ、RBルイスなどもいませんでした。

代わりに出ていたのは、QBガロポロ、TEダービー(後にDENへトレード)、OTフレミング、OGカラス、CBコールマン、RBボールデンなど。

QBガロポロは24/33、264yds、1TD、OINTという成績。

パスの成功率は高いのですが、パスを投げた後に無防備な姿勢で危険なタックルを受ける回数が多かったように思います。もう少しポケットワークをよくするなり、逃げながら投げ捨てたり、素直にサックを受けたりしなければ、ケガをしてしまいます。というか、次週でケガをしてしまうのですが。

なんとかパスを通そうという意識は好感がもてるのですが、このままではケガばかりして大成できないように思います。

あと、リリースポイントが低いので、10yds以上のレシーバーに弾道パスを通そうとすると、どうしてもパスが高くなったり浮いたりします。リリースポイントが高いブレイディをマネて、クイックネスをある程度は犠牲にしてもリリースポイントを高くした方がよいように思いますが、いかがでしょうか。

ただ、WRホーガンへの37ydsのTDパスを決めるなど、もっているものはサスガ。OLもベストメンバーとは言い難い状況でがんばっていました。ただ、サックされてファンブルしてしまったのはいただけない。もう少し周りをみる余裕が欲しいですね。

開幕戦だからか、ARIは全体的にモサモサしていた感じ。QBパーマーとWR陣の呼吸がイマイチ合っていませんでした。ただ、WRフィッツジェラルドとRBデビッド・ジョンソンはさすが。特にジョンソンは一発がありますね。コワイ、コワイ。

あとはなんといっても、OLBチャンドラー・ジョーンズ。素晴らしい選手です。サックも決められたし、ファンブル・リカバーもされました。ガロポロは絶えず彼のプレッシャーを受けていたように見えました。彼がいれば、もっと簡単にSBを勝てたのか。

とはいえ、PatsもDEクリス・ロング、DEジャバール・シェアードは良かったです。パーマーにプレッシャーを与え続けました。ロングはサックも決めましたしね。CBローガン・ライアンは、パスカバーだけではなく、タックルも上手な選手。パスをとられた後もしっかりとタックルを決めていました。

ただ、今シーズンは、彼ら全てがいないんですよね。困った、困った。

一方で、このゲームからすでにDEトレ・フラワーズが頭角を現していました。あわやサックという場面もありましたしね。今シーズン、第2のフラワーズが現れるでしょうか。現れてくれなきゃ困るのですが。

SB LI vs ATL - 悪夢(?)の前半 -

SB LIを見直しています。

前半は悪夢だった・・・と思っていたのですが、改めて見直すとそうでもないですね。

QBブレイディの前半の成績は、15/25で179yds。

RBブロントのファンブルもブレイディのINTもありましたが、ある程度攻撃が進んでからのもの。

結果論ですが、前半を振り返ってみても、ATLのD#に歯が立たなかったというわけではありません。

ただ、ランが出ず、スクリーンパスが抑えられたことから、O#のテンポが乱されました。ATLのD#のコールが良かったのでしょう。

一方、ATLのO#に転じれば、最初のTDは、WRフリオ・ジョーンズとRBデボンテ・フリーマンによるもの。

2つ目のTDは、WRガブリエル、WRジョーンズ、RBコールマンに進まれ、最後はSチャンとの体格差によりTEフーパーに決められてしまいました。

とはいえ、一番の懸念材料だったWRジョーンズはよく抑えていたと思います。WRサヌーにはほとんど仕事をさせませんでした。CBライアンとCBロウが良い仕事をしていましたね。特にライアンの献身的なプレーが目につきました。なんとか契約延長して欲しいものです。

問題はCBバトラーで、ガブリエルに随分とやられました。バトラーは好不調の波があり、シャットダウンCBとまではいえないように思います。それでも、今年のドラ2のCBサイラス・ジョーンズなどとは違い、ルーキー時代からゲームに出ていましたから、能力は確かなのでしょう。

前半のスコアは、
Pats 3 - ATL 21

ただし、PatsのO#は決め手に欠けるものの前進はしていました。あとはTDだけという状態。

PatsのD#は、TDを2つ奪われたものの、No.1とNo.2ターゲットを無力化することに成功していました。あとはランを止めて、バトラーがガブリエルを抑えれば、ATLのO#をなんとかすることができました。

Patsの後半の大逆転につながるシナリオは、前半のうちにできあがっていたのです!

・・・とまぁ、こういうことがいえるのは、後半・OTの結果を知っているから。

観戦していた本人としては、前半のスコア差に絶望していました。

どうです? 前半終了の時点で、後半にPatsはやってくれるはず!、と思っていたPatsファンはどれだけいましたでしょうか??

だって、PIC6をブレイディが献上するんですよ?! ベテランのRBブロントがファンブルするんですよ?! RSでさえ滅多にお目にかかれないのに、SBで起こったんですよ! 2つとも!!

後半は逆転するだろうと思えたPatsファンは、さすがです。感服するとともに、尊敬します。

Patsファンであることを、Patsに試されて、そして叩きのめされたようなゲームでした。

ファンってなんだろう、とか、
盲信できない自分はダメなのか、とか、
ちょっと考えさせられましたね。

少なくとも、ファンである以上は、勝ってても負けてても、ゲームが終わるまでは、ただただ応援しなければならない。

改めてそう思わせてくれたSB LIでした。

後半・OTについては後日また書くことにします。

SB LI vs ATL - 感想 -

改めてゲームの後半を見直しました。

えぇ、前半は見直す気持ちには未だなれないです。

TDを取られた後のPatsのO#。

このドライブがゲームの明暗を分けた鍵だったのではないでしょうか。

25点差をつけて、ATLのD#は気が緩んだのでしょうか。ランがでます。

4thダウンのギャンブルも成功し、QBブレイディもスクランブルを披露。なりふり構ってられません。それでもどこか余裕のあるATLのD#。

ここでTDを奪うものの、PATは失敗。その次のPatsの攻撃もFGで終わります。ミスが続き決めきれないPatsに、ATLはイマイチ警戒感が少なかったでしょうか。まだまだ焦りがみえない。

さすがに次のPatsのO#でTD&2PCが決まった段階でヤバいと思ったのでしょうが、時すでに遅し。あとは皆さんがご存知のとおりの結果になりました。ATLとしては同じように前半に大量リードを奪って勝利したGB戦の記憶が新しかったでしょうか。

若いチームだけに1度失ったモメンタムを引き寄せきれず。HCダン・クインがD#のコールを出していたのでしょうか。HCがどうにもできないことを選手がどうにかしようとするのは困難です。

OTでも2つのタイムアウトがあったのだから使えば良かったのに、と思ったのは私だけでしょうか。

Cマックも調子がイマイチなのか、PatsのDEフラワーズにインサイドラッシュをかけられて抑えきれませんでしたね。後半はライン戦に勝ちました。

弱点を露呈しながらも、それでもゲームに出続けたPatsのOL。けっきょく、誰1人抜けることなく5人のラインメンは健在でした。真ん中3人はまだまだこれからの選手なので、来年はもっとやってくれるはず。今から楽しみです。

上手くいきすぎてもダメだったと思われる後半。最後の悪あがきと思われたからこそ勝てたような気がします。もちろん、悪あがきを続けることができ、最終的に勝利をもぎとったPatsはサスガです。

最後に。グッデル・コミッショナーが登壇した際のブーイングはどうなんでしょうねぇ。Patsファンとしては、気持ちはわかるのですが。
記事検索
最新コメント
Patriots Active Roster

3 K Stephen Gostkowski
6 P Ryan Allen
10 QB Jimmy Garoppolo
12 QB Tom Brady
13 WR Phillip Dorsett
14 WR Brandin Cooks
15 WR Chris Hogan
18 WR Matthew Slater
19 WR Malcolm Mitchell
21 CB Malcolm Butler
23 S Patrick Chung
24 CB Stephon Gilmore
25 DB Eric Rowe
28 RB James White
29 CB Johnson Bademosi
30 DB Duron Harmon
31 DB Jonathan Jones
32 DB Devin McCourty
33 RB Dion Lewis
34 RB Rex Burkhead
35 RB Mike Gillislee
36 DB Brandon King
37 DB Jordan Richards
38 RB Brandon Bolden
43 DB Nate Ebner
45 LB David Harris
46 FB James Develin
47 TE Jacob Hollister
48 LB Harvey Langi
49 LS Joe Cardona
52 LB Elandon Roberts
53 LB Kyle Van Noy
54 LB Dont'a Hightower
55 DE Cassius Marsh
59 LB Marquis Flowers
60 C David Andrews
61 OL Marcus Cannon
62 G Joe Thuney
68 OL LaAdrian Waddle
69 OL Shaq Mason
70 DL Adam Butler
71 OL Cameron Fleming
74 OL Cole Croston
77 T Nate Solder
80 WR Danny Amendola
83 TE Dwayne Allen
87 TE Rob Gronkowski
90 DL Malcom Brown
91 DL Deatrich Wise
93 DL Lawrence Guy
97 DL Alan Branch
98 DL Trey Flowers
99 DT Vincent Valentine

(2017/09/05現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
  • ライブドアブログ