Do Your Job - Patriots Fan Blog -

NFLのNew England Patriot(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のファンブログです。 Patsファン歴、かれこれ20年ほどの中年ブログです。

ニュース

WRマルコム・ミッチェルの2016シーズン

正直、イマイチといわざるを得なかったPatsのかつてのWRドラフティーたち。

そんな中、ルーキーながら活躍したのが、2016ドラフト4巡(全体112位)のマルコム・ミッチェルです。

身長は6フィート1インチ(185cm)とそれほど高くないものの、手が大きい。QBブレイディにして、TEグロンクと同じような手をもっている、とのこと。そして、その手の大きさに見合ったシュア・ハンドが彼の特徴といえるでしょう。

2016ドラフトで、ピックされたWRは32人。その中で、ミッチェルは11番目にピックされました。

そういった下地の中、ミッチェルの2016シーズンの成績は以下のとおり:

プレイゲーム数: 14 (3位タイ@ドラフトWRs)

先発ゲーム数: 6 (5位タイ@ドラフトWRs)

ターゲット数: 48 (8位@ドラフトWRs)

レセプション数: 32 (8位@ドラフトWRs)

レシービングヤード数: 401 (8位@ドラフトWRs)

レシービングTD数: 4 (4位@ドラフトWRs)

WRの中で11番目にドラフトされたものの、その順位以上の成績を上げました。特にブレイディの信頼を勝ち取っているのはスゴイです。この前の来日したクリニックの様子だと、ブレイディはしっかりとキャッチするWRにしかボールを投げないような気がするからです。

シュア・ハンドを物語るように、レセプション率(=レセプション数/ターゲット数)の67%は素晴らしい。例えば、QBが違うとはいえ、ブラウンズのドラ1WRコールマンのレセプション率は45%でした。ミッチェルとしては、ターゲット数を増やしたいところですね。

一方で、ルーキーWRの中で1番の成績を収めたセインツのマイケル・トーマスのレセプション率は驚異の75.4%。セインツには他にもエースWRクックスがいたからといえるのかもしれませんが、それでも素晴らしい成績です。そして、2017シーズンでは、Patsにはそのクックスがいます。もちろん、エデルマンもいます。ミッチェルがブレイクする土壌は十二分にあります。逆にここで失速するか足踏みするようだと、Patsの中では生き残れません。ミッチェルにとっては、トーマス、スターリング・シェパード(NYG)、タイリーク・ヒルズ(KC)と肩を並べるワイドアウトになれるか、はたまた伸び悩むか、真価が問われる年になるかもしれません。

レシービングヤード数は、かつてのアーロン・ドブソン(519yds)やケンブレル・トンプキンズ(466yds)に後塵を拝していますが、彼らのレセプション率は50%程度だったことを考えれば、ミッチェルのシュア・ハンドが確かなのは間違いありません。彼らの二の舞にならないことを祈ります。

オール・タイム・ベリチック・チーム

大本営で、HCビル・ベリチックがHCを務めた時代のベスト・チームが組まれています。

対象チームは、Patsとブラウンズ。ブラウンズの選手はよくわかりません。

ベスト・チームは以下のとおり:

■O#
QB トム・ブレイディ(2000-現在)
RB コーリー・ディロン(2004-2006)
WR ランディ・モス(2007-2010)
WR ジュリアン・エデルマン(2009-現在)
WR ウェス・ウェルカー(2007-2012)
TE ロブ・グロンコウスキー(2010-現在)
LT マット・ライト(2001-2011)
LG ローガン・マンキンス(2005-2013)
C  ダン・コッペン(2003-2011)
RG スティーブ・ニール(2002-2010)
RT オーランド・ブラウン(ブラウンズ、1994-95)

■D#
DL リチャード・シーモア(2001-2008)
DL ヴィンス・ウィルホーク(2004-2014)
DL ウィリー・マクギネスト(2000-2005)
LB テディ・ブルスキー(2000-2008)
LB マイク・ブレイベル(2001-2008)
LB ドンタ・ハイタワー(2012-現在)
LB ジェロッド・メイヨ-(2008-2015)
CB タイ・ロウ(2000-2004)
CB アサンテ・サミュエル(2003-2007)
S  ロドニー・ハリソン(2003-2008)
S  エリック・ターナー(ブラウンズ、1991-1995)

■ST
K  アダム・ビナティエリ(2000-2005)
P  トム・トゥーパ(ブラウンズ、1994-1995)
Coverage マシュー・スレイター(2008-現在)
KR ケビン・フォーク(2000-2011)

O#については、2007年~2010年にPatsに在籍した選手がほとんど。例外は、RBのコーリー・ディロンですが、これには文句がありません。

RTにはブラウンズの選手が選ばれていますが、ここはボルマーでも良かったのでは。ソルダーが選出されていないのにボルマーを選んでは、というところでしょうか。

TEについては、グロンクに異論はないのですが、えーっと、他にも・・・。

D#はちょっと、異論あり。Sマコウティーは選ばれて然るべき、DEニンコビッチかDEジョーンズが選ばれていても良かったのでは、と思います。あと、LBセアウも。2002年~2005年に在籍した選手が選ばれるのは仕方がないのかもしれませんね。

キッカーはビナティエリ。う~ン、そうですか。

O#・D#・STの中で、現在Patsに在籍している選手はわずかに5名。それでも、スーパー・ボウルに勝てる力あり。これをどう捉えるかですね。

O#についていえば、2007-2010時代はRBがイマイチで、TEも十分に活かしきれていませんでした。WRが素晴らしすぎたから良かったのですが、今はWR・RB・TEともに、バランスが良いと思います。この点が、2007-2010時代と違うところでしょうか。

D#についていえば、セカンダリーはおそらく今がオールタイム・ベストなのではないでしょうか。DL・LBが2002-2005時代と遜色なければ、スーパー・ボウル連覇も見えてきます。

2002-2005時代はD#中心、2007-2010時代はO#中心、そして現在の2014-2017時代はO#・D#ともにバランスがとれたチームといえるのではないでしょうか。

LBハリスの契約内容&大谷翔平

少し前の情報になりますが、ex-JETSのLBデビッド・ハリスの契約内容が明らかになりました。

基本は、2年5Mのようです。1.25Mがサインボーナス、1.25Mが保証額。

仮にロスターに残らないとしたら、損失は2.5Mというところでしょうか。

ただ、ロスターに残り、ゲームに出るとしたら、インセンティブも含めて、1年目は最大で3.5M程度になります。

一方、2年目も最大で3.25M。

2年目の方がベースサラリー等は高いですが、それでもべらぼうに高いわけではないので、Patsとしては契約期間の2年間は彼を保有したいのかもしれません。

33歳のベテランですが、期待したいですね。かつての故セアウのように、D#の精神的支柱になって欲しいです。ハイタワー(27歳)としても心強いのではないでしょうか。ハリスの獲得でPatsのD#はどのように改善されるのか。期待したいです。

■ ■ ■

大谷翔平。

Patsと関係なく、NFL選手でもない彼を、なぜこのブログで取り上げるのか、と思われるでしょうが、少しお付き合いを。

現在、彼はかなり米国で注目されているようです。

米国の有名番組「60 minutes」でも、ベーブ・ルースの再来として、取り上げられたようです。

身長が高くて、スタイルも良い。投手も打者もこなす、versatilityをもっています。アメリカ人は多才な人が好きですからね。

中には、QBトム・ブレイディと背格好が似ているし、年が若いので、ブレイディの後釜は彼がいいのではないか、という意見も。スシが好きなのも共通している、とも(笑)。

・・・なんてことを、Patsのポッドキャスト番組「PFW In Progress」で話されていたので、少し取り上げてみました。

なお、番組中では、「大谷翔平」という発音が難しいからか、「Japanese baseball player」と紹介されていました。MLBに行くとしても、呼び名を考えた方が良さそうです。

テキサンズHCのトム・ブレイディ評

テキサンズHCのビル・オブライエン。かつてはPatsのOCでした。

その彼をして、最も難しいjobの一つが、QBトム・ブレイディのコーチングだといっています。

というのも、ブレイディは常にコーチングされたがっている、年がら年中1分たりとも、とか。

また、ブレイディのすべてがフットボールであり、頭の中はフットボールでいっぱいだ、ともいっています。

一方で、そのおかげもあって、オブライエンはコーチとして成長できたようです。より良いコーチになるためには、ブレイディをコーチングすることが最適、ということになるのでしょうか。

ブレイディは、お金のためにフットボールをやっているようには見えず、個人の記録にもそれほど気にしていないように思えます。それでいて、未だに競争心が衰えず、モチベーションを高くしているのは、どうしてでしょう。驚嘆の一言です。

その答えは、最近彼が著わした本(The TB12 Method: How to Achieve a Lifetime of Sustained Peak Performance (English Edition) )に載っているのかもしれませんが、ちと高いので今は様子をみています。なお、本作は、本国Amazonのランキングでベストセラーの1冊となっています。

第1位 QBトム・ブレイディ

大本営が発表している「The Top 100 Players of 2017」で、QBブレイディが第1位に選ばれました。

このランキングはNFLプレイヤーに選ばれているというだけあって、価値があるのかもしれません。

ちなみに、昨シーズンMVPのQBマット・ライアンは第10位でした。

当ブログでは、ゲームのレビューなどでブレイディを取り上げることはあまりありません。大抵はいうことがないからです。結果として、調子の悪かったときだけ取り上げているように思います。

クイックネスがなく、ケガに強いわけでもなく、腕力もそれほど強くなく。それでも、トップ・プレイヤーであり続けるのはスゴイの一言。

そんなブレイディを、日本で、生で観られた、というのは恐悦至極。どこかのニュースサイトで、スーパーモデルのジゼル・ブンチェンの夫が来日、という扱いで紹介されていたのには正直辟易しましたが。

そんなブレイディについて、今オフにパッカーズに移籍したTEマーテラス・ベネットが面白いコメントをしています。

ブレイディとプレイしているときは、ちょっとしたことで多くのコーチングがある、ブレイディは頭の回転をより早くすることを求める、これはちょっとでも早くブレイディがボールを投じたいからである、ブレイディはちょっとした空きがあるとそこにすぐ投げてくる。そして、ベネットは、ブレイディからフットボールについて多くのことを学び、そのおかげで成長したといっています。

対して、QBアーロン・ロジャースはブレイディとは違うといっています。ロジャースは運動神経があり素早く行動する、80ヤードのパスを投じるのに準備はいらない、とのことです。

ブレイディの場合は、自身のフィジカルの弱さを補うために、いっしょにプレーする選手にフットボールIQを高めることを要求するのでしょう。フィジカルや直感でプレイしてきた選手にとっては辛いことかもしれません。でも、そのおかげで、WRランディ・モスでさえ、Patsに来て、一段階上のレベルに到達できたように思います。それは、おそらく、WRブランディン・クックスも感じていることでしょう。ブレイディと居残り練習をするぐらいですからね。

クックスは、ケガさえなければ、リーディング・レシーバーになれるチャンスがあると思います。というか、そうなって欲しいですね。

記事検索
最新コメント
Patriots ロスター

3 K Gostkowski, Stephen
6 P Allen, Ryan
7 QB Brissett, Jacoby
10 QB Garoppolo, Jimmy
11 WR Edelman, Julian
12 QB Brady, Tom
13 WR Lucien, Devin
14 WR Cooks, Brandin
15 WR Hogan, Chris
16 WR Hawkins, Andrew
17 WR White, DeAndrew
18 WR Slater, Matthew
19 WR Mitchell, Malcolm
21 CB Butler, Malcolm
22 DB Coleman, Justin
23 S Chung, Patrick
24 CB Gilmore, Stephon
25 DB Rowe, Eric
26 DB Thompson, Jason
27 RB Foster, D.J.
27 DB Thomas, Dwayne
28 RB White, James
29 DB Killings, D.J.
30 DB Harmon, Duron
31 DB Jones, Jonathan
32 DB McCourty, Devin
33 RB Lewis, Dion
34 RB Burkhead, Rex
34 DB Jones, David
35 RB Gillislee, Mike
36 DB King, Brandon
37 DB Richards, Jordan
38 RB Bolden, Brandon
39 RB Daniels Jr., LeShun
41 CB Jones, Cyrus
42 DB Moore, Kenny
43 DB Ebner, Nate
44 LB Bates, Trevor
45 DB Travis, Damarius
46 FB Develin, James
47 FB Gronkowski, Glenn
48 TE Hollister, Jacob
48 LB Langi, Harvey
49 LS Cardona, Joe
50 LB Ninkovich, Rob
51 LB Ellis, Brooks
52 LB Roberts, Elandon
53 LB Van Noy, Kyle
54 LB Hightower, Dont'a
55 LB Freeny, Jonathan
58 LB McClellin, Shea
59 OL Ferentz, James
59 DL Vereen, Corey
60 C Andrews, David
61 OL Cannon, Marcus
62 G Thuney, Joe
63 OL Garcia, Antonio
65 OL Douglas, Jamil
66 OL Farris, Chase
67 OL McDermott, Conor
68 OL Waddle, LaAdrian
69 OL Mason, Shaq
70 DL Butler, Adam
70 OL Croston, Cole
71 OL Fleming, Cameron
72 DL Augusta, Josh
72 OL Rich, Max
74 DL Hamilton, Woodrow
74 OL King, Jason
75 G Karras, Ted
76 OL Jelks, Andrew
77 T Solder, Nate
80 WR Amendola, Danny
81 WR Hollister, Cody
82 TE Lengel, Matt
83 TE Allen, Dwayne
84 WR Carr, Austin
85 TE Cotton, Sam
87 TE Gronkowski, Rob
88 TE O'Shaughnessy, James
90 DL Brown, Malcom
91 DL Wise, Deatrich
92 DL Grissom, Geneo
93 DL Guy, Lawrence
94 DL Ealy, Kony
95 DE Rivers, Derek
96 DL Kilgo, Darius
97 DL Branch, Alan
98 DL Flowers, Trey
99 DT Valentine, Vincent
(2017/05/29現在)
メッセージ

名前
メール
本文
NFLブログ集
  • ライブドアブログ